道の駅サシバの里いちかい利用記録情報「栃木」

   

栃木県内小旅行の際の、芳賀郡市貝町の道の駅サシバの里いちかいの、利用記録情報案内です。

道の駅いちかい

道の駅いちかい

道の駅サシバの里いちかい

芳賀郡市貝町は、栃木県の東部にあり、栃木県道69号バイパス沿いに立地します。
道の駅のネーミングになっている、サシバの繁殖に適した谷津田(やつだ)が多くある市貝町には、かつては多くのサシバが生息していました、

ツインリンクもてぎで、大きなイベントなど、宇都宮方面に帰る方の、休憩スポットとして人気の道の駅です。

町役場のすぐ隣にあるため、広い敷地は防災拠点としての活用を想定しているそうです。

地元野菜を、中心に販売されています、また梨の産地でありますから、最盛期には多くの梨が並べられて販売されます。

地元のそば粉を使用した、手打ちそばが提供されます、愛犬を連れて、屋外テーブル手打ちそばを食べるのが、楽しみで野菜を買いながら、食しています。

利用回数と利用形態

昼間の利用で、複数回利用しました。

案内地図

 

施設情報

所在地栃木県芳賀郡市貝町大字市塙1270
電話0285-81-5401
休館日木曜日
開館時間9:00~18:009:00~17:00(11月~2月)
駐車場大型12台トイレ女11器農産物販売所あり
駐車場普通161台トイレ男大小13器そば店あり
車椅子駐車6台道路・観光情報あり軽食コーナーあり

サシバの里いちかいは、国道4号線から東に芳賀市貝バイパスに乗り、30分余りの所にあり、町のほぼ中央にあたる、町役場の北側に位置します。
サシバの里いちかい周辺は、絶滅危惧Ⅱ類の猛禽類であるサシバの世界的な繁殖地となっており、生物多様性に富んだ生態系が広がっています。これを活かし、自然観察型・農業体験型の道の駅として整備しています。
サシバが子育てにやってくる里地里山が産する農産物は安全で美味しく、栄養価が高いと評判です。ぜひ、道の駅を出発点とする里地里山の心なごむ歴史文化遺産及び貴重な動植物を巡るツアーに参加してください。日本野鳥の会会長・俳優の柳生 博さんが「日本一の里地里山」と称賛したしたサシバの里できっと癒されるはずです。

 

サシバは、春から夏にかけて日本に繁殖にやってくる渡り鳥です。体長は約50㎝で、翼を広げると110㎝ほどになり、カラスより少し小さい鳥です。この地域には、丘陵地の中にまるで毛細血管のように細長い水田(谷津田)が張り巡らされている。この谷津田は、森林に接する部分が多く、餌となる小動物が多いことから、サシバにとって絶好の生息地になっています。
市貝町HPより

関連記事 サシバの里へ谷津田と昌雲寺「栃木県市貝町」

 

周辺施設

ゆったりランド市貝温泉健康保養センター

観音寺(村上城跡)寿命院

昌雲寺

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - 利用道の駅関東甲信越