続谷城跡(妙薫寺)「栃木県市貝町」

   

栃木県芳賀郡市貝町続谷の続谷城跡(妙薫寺)の紹介です。
地区名や城跡は、(つづきや)と読み、寺院は、(みょうくんじ)と読みます。

続谷城跡(妙薫寺)

市貝町役場から、栃木県道163号を北方向に杉山地区を進み続谷地区にあり、妙薫寺の西側の路地入り口に案内板があります。この妙恵寺の南西一体と妙薫寺が城址だったと言われています。

市貝町は、栃木県東部の八溝山脈の自然あふれる、山と田園が広がる、サシバ(猛禽類)は、タカの仲間で、かつては馬糞タカなど言われ、非常に沢山いました。

春から夏にかけて日本に繁殖にやってくる渡り鳥です。体長は約50㎝で、翼を広げると110㎝ほどになり、カラスより少し小さい鳥です。この地域には、丘陵地の中にまるで毛細血管のように細長い水田(谷津田)が張り巡らされている。この谷津田は、森林に接する部分が多く、餌となる小動物が多いことから、サシバにとって絶好の生息地になっています。市貝町HPより

続谷城跡案内板

続谷城跡案内板

 

実は、この看板の通りに行くと民家の庭先?に入ってししまいそうになるので注意が必要です。

公民館の駐車場に駐輪させてもらったが、妙恵寺から上ったほうが楽だし汚れないですみます。

地区公民館の駐車場から、階段で丘の上に登がると、平らな平原になっていました、二の丸(二郭)です。

続谷城二の丸(二郭)

続谷城二の丸(二郭)

二の丸の北側が、本丸です。

続谷城跡本丸(主郭)

続谷城跡本丸(主郭)

東側に妙薫寺があります、一旦本丸、二の丸を降りてスクーターで、移動しました。山門脇の通路を上り境内に到着しました。境内も城郭内にあったそうです。

市貝町妙薫寺山門

市貝町妙薫寺山門

市貝町妙薫寺本堂

市貝町妙薫寺本堂

続谷城由緒

那須記では、城主、那須氏家臣、続谷織部は、1566年に佐竹氏に追い散らされたあるいは、佐竹義重に攻められて落城したという記録があります。
しかし、逃げたのなら理解できますが、この城では絶対に戦うことなどできなかったでしょう、平城で平時は居館として使用していて、戦いに備えた城構えでは無かったからです。

妙薫寺データ

所在地栃木県芳賀郡市貝町続谷725
電話0285-68-1334
称号妙薫寺
宗派曹洞宗
駐車場あり

 

関連記事 千本城跡(羽黒神社)「栃木県茂木町」

 

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - 歴史探訪 ,