星宮神社「栃木県高根沢町桑窪」

   

栃木県塩谷郡高根沢町桑窪の、星宮神社(ほしのみやじんじゃ)の紹介です。

星宮神社(ほしのみやじんじゃ)

高根沢町の中心市街地の東部にあり、県道341号JAしおのや高根沢地域営農生活センターのある太田交差点を、南進県道176号を進み、約2キロメートルの農道を南進、約300メートル(旧桑窪小学校跡地隣接)に鎮座します。

案内地図

由緒

西暦1911年(明治44年)3月25日に字裏山の高龗神社、浅間神社、字後澤の琴平神社、字石関の稲荷神社、字塚原の稲荷神社を合祀し、西暦1915年(大正4年)11月1日に字和田の雷神社、愛宕神社を合祀したと伝わります。

西暦1915年(大正4年)社殿を改築し、現在に至ります。

祭神は、経津主命
境内社は、加茂神社

鳥居

高根沢町桑窪星宮神社鳥居

拝殿

高根沢桑窪星宮神社拝殿

本殿覆屋

高根沢桑窪星宮神社本殿覆屋

高根沢桑窪星宮神社データ

所在地栃木県塩谷郡高根沢町桑窪393
称号星宮神社
駐車場あり(桑窪小学校跡地が利用可)

 

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - 歴史探訪 ,