大沖神社「栃木県真岡市沖」

   

栃木県真岡市沖の、大沖神社(おおおきじんじゃ)の紹介です。

大沖神社

真岡市の南部にあり、旧二宮町の北部の田園地帯で、五行川の東岸JAはがの二宮カントリーエレベーターの西側の集落に鎮座します。

案内地図

由緒

西暦1559年(永禄2年)現在地に創建したと伝わります。

祭神は、建御名方命
境内社は、稲荷神社・月読神社・金山彦神社

樹齢800年超の大ケヤキが沖のけやきとしてとちぎ名木100選に選ばれています。

沖のけやき

大沖神社の沖のけやき

大沖神社の沖のけやき2

境内社

栃木県真岡市沖の大沖神社境内社

鳥居

栃木県真岡市沖の大沖神社鳥居

拝殿

栃木県真岡市沖の大沖神社拝殿

本殿覆屋

栃木県真岡市沖の大沖神社本殿覆屋

本殿

栃木県真岡市沖の大沖神社本殿

栃木県真岡市沖の大沖神社データ

所在地栃木県真岡市沖51
称号大沖神社(おおおきじんじゃ)
駐車場なし

スポンサーリンク

Feedly

follow

 - 歴史探訪 ,