ハイエースメインとサブバッテリー同時充電対策

      2017/03/05

小旅行の際に、使用しているサブバッテリーですが、帰宅後に通常は追加充電をしております。

サブバッテリーに追加充電

走行時間が、比較的長い場合は、不要かと思いますが、念のために通常は、帰宅後に、我が200系ハイエース手作りキャンピングカーの車内を清掃しながら、追加充電をしてます。

お気に入りの、充電器メルテック(大自工業株式会社)のPCX-2000を使用して充電をしております。

お気に入りの充電器

ハイエース充電の面倒対策

通常の乗用車はボンネットを開ければ、メインバッテリーが有りますが。ハイエースのメインバテリーを充電をするには、エンジンフード(助手席)をオープンにしなければなりません。

そこで、簡単に行う充電方法はサブバッテリーから逆送りをすれば良いのです。

メインサブ同時充電

サブバッテリー配線フロー図

サブバッテリー配線フロー図

同時充電の際は暫定的に、上図のようにリレー接点(RX)を短絡します(ショート用のクリップで)。
配線フロー図にに記載は有りませんが、予めサブバッテリーの2個目末端にターミナルを追加しています。
それに直接充電入力すれば、メインバッテリー並び、サブバッテリー1と2に同時に充電出来ます。

あとがき

この配線系統は、アイソレータなどを使用すると成立しませんから、ご注意願います。

ディープサイクルバッテリーお勧めの充電器の記事で、ACデルコの充電器をお勧めしていますが、あくまでもディープサイクルバッテリーがダウンした状態の場合です。通常はこの充電器で対応可能です。

関連記事

ディープサイクルバッテリーのお勧め充電器

必需品ディープサイクルバッテリー

200系ハイエースメインバッテリー充電の勧め

ディープサイクルバッテリーにアイソレータ選定要注意

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - 200系ハイエース, メンテナンス ,