医王山宝生院安楽寺「栃木県那須烏山市」

   

栃木県那須烏山市(旧南那須町)の、医王山宝生院安楽寺の紹介です。

医王山宝生院安楽寺

JR烏山線の大金駅前の県道10号にて西進して、線路下を潜り南進後すぐの通り沿いに立地します。

案内地図

由緒

西暦807年(大同2年)に、時の名僧徳一上人により開基されました。
その後、西暦1595年(文禄4年)賢海和尚が、荒廃した寺門を復興し、寺名を安楽寺と改めたとされています。

安楽寺八十八ヵ所霊場

八十八ヵ所霊場は、四国八十八ヵ所霊場から浄土を持ち帰り、その上に弘法大師像を収めて西暦1939年(昭和14年)に完成させたものです。
ここを参詣すれば、四国八十八ヵ所霊場を巡礼したのと同じ功徳が得られると言われています。

山門

那須烏山市安楽寺山門

鐘楼

那須烏山市安楽寺鐘楼

本堂

那須烏山市安楽寺本堂

本堂は、西暦1995年(平成7年)に再建されました。

建設中の建物は、客殿でしょうか?完成後の姿を見たいですね。

那須烏山市安楽寺建築中の建物

医王山宝生院安楽寺データ

所在地栃木県那須烏山市田野倉285
電話0287-88-2072
称号医王山宝生院安楽寺
宗派真言宗
駐車場あり
トイレあり

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - 歴史探訪 ,