川中島古戦場(八幡原歴史公園)「長野旅」

   

前日夜間休憩した、上信越自動車道松代パーキングエリアで、朝を迎えて恒例の朝の散歩して出発準備を整えて、午前9時過ぎに長野インターチェンジで降りるべく出発しました。

川中島古戦場(八幡原歴史公園)

長野インターチェンジのゲートを出るまでは、ナビの案内は正常でしたが、何時もの不具合が発生してしまい、現在地が全くのでたらめになり、何処を走行しているのか、全く解らない状態に陥りました。

大体の方向は解っていましたので、道路標識を頼りに、迷わずに川中島古戦場のある八幡原歴史公園に到着出来ました。

毎回、山間部に行くと迷走するナビですが、今回は割と平坦な土地で起きてしまいました。今後ナビ無しで、旅行を続けるのは不安があります。

ダメ元で、応急措置を施しました、ナビの自車位置を再設定すれば何とかなるかと思い、自車位置を公園の道路に近い駐車場のナビの地図上で現在地の解りやすい場所を選んで、停車してセットしました。その後駐車場内を移動しましたが、一応追従して来るのを確認出来ました。
自車位置を計算して補正しながら、現在地を表示しているので、現在地の確認と計算能力の差異により、移動速度に追いつかないのかもしれませんね。
これでうまくいけば、ずれたら再設定すれば復帰が出来る事になりますね。

川中島古戦場(八幡原歴史公園)案内地図

5度にわたって繰り広げられた武田信玄と上杉謙信の川中島の戦いの中で、西暦1561年(永禄4年)の戦いの舞台になったのが、ここ八幡原でした。ここでの戦いが最も激しく、副将の武田信繁、山本勘助ら勇将が戦死しました。

八幡原歴史公園内散策

八幡原歴史公園犬入場禁止エイア確認

ペットの入場は禁止されていませんが、エリアにより入場制限をしているようです。早速確認をしてから、散策開始します。

千曲川堤防

映画ドラマなどで、合戦の舞台は川を挟んで旗をなびかせ対峙するシーンをよく見かけたので、千曲川の堤防に行って記念撮影しました。風が強くて髪が乱れています。しかし後で、案内板を確認すると、古戦場は公園の中だとのこと、あのシーンは何なのかなぁ。

川中島古戦場千曲川堤防

その後、一通りペット制限エリアを避けながらゆっくりと、公園内を散歩しました。

川中島古戦場八幡社

川中島古戦場八幡社に着きました。

川中島古戦場八幡社参道

川中島古戦場 布陣の鳥瞰図

川を挟んで対峙していませんね。

川中島古戦場 八幡社拝殿

川中島古戦場 八番社の銅像

川中島古戦場 八番社の銅像

映画ドラマのシーンで見る光景が銅像にて表現されていました。西暦1561年(永禄4年)の第4次川中島の戦いで、武田信玄の本陣に突っ込んだ上杉謙信が、武田信玄に向かって切り付け、それを武田信玄が軍配で受け止めたという有名な場面です。

川中島古戦場 三太刀七太刀の跡の碑

川中島古戦場 三太刀七太刀の跡の碑

上杉謙信と武田信玄の一騎討ちの場所に碑があります。上杉謙信が三度斬りつけ、それを受けた武田信玄の軍配には七つの傷が残っていたと言われています。

約1時間ゆっくりと廻りました、次は松代城跡に向けて出発しました。

川中島古戦場(八幡原歴史公園)データ

所在地長野県長野市小島田町
電話026-224-5054
名称川中島古戦場(八幡腹歴史公園)
駐車場あり
トイレあり
売店あり

 

 

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - 日本一周関東甲信越 ,