ヘルパーリーフ外し

      2017/03/05

乗り心地改善の為にヘルパーリーフを撤去した時の感想

 若干尻下がりのために装着していたアイアンマンはそのままにして、そのスペースに、いつも取引していただいている、鉄工所さんにお願いして、スペーサーを製作(60×200×t19)、ヘルパーリーフの代わりに装着しました。

 自分でプラズマでカットするより綺麗ですね、あたり前です(これで無料は申し訳ない
そのままでは、錆が出てしまうので、しっかりとプラサフで下処理して、シャーシーブラックを塗布しました。

乗り心地

さてさて、乗り心地はとても柔らかいし腰がない、後部座席の愚妻は、柔らかくて良いと言っているが、運転者から感想は、柔ら過ぎです。

普段の使い方で(高速度道路利用や山間部のワインディングロードなど)大いに変わりますよね、それと好みの問題がありますから、一概に言えません何が良いかは、ケースバイケースで変わってくると思います。

兎角、乗り心地と安定感は裏腹です、どちらに重点を置くかで変わりますし、妥協点を探るしかありませんね。

ABS効き過ぎ調整

このときは、後部車高が下がり過ぎてしまい、ABSが効き過ぎでしたので、調整しました。

関連記事

ハイエースのABS効き過ぎは調整出来る

トーションバー緩めはほどほどに

ハイエースのコマずらし方法とトーションバー考察

200系ハイエース乗り心地改善策

ハイエースセルフ調整でアクスルブーツ保護

 

あとがき

因みに、ヘルパー抜き使用で、車検に(前々回)行きましたが、8ナンバーだから、なのもんだいも無く通りました、貨物使用だとNGですがね。
キャンピング登録の場合は、バネの構造変更は不要です、申請無しで車検合格します。
実証済みです。

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - 改造記録 ,