車人生「あがり車は86」迷う

      2017/07/22

車人生最後の「あがり車」は、FRスポーツカー86にしようか、いま迷っているところです。

息子達の還暦祝いは86

86red

9月で還暦を迎える年になり、親に似て決して世間一般で言う、優秀とは言い難い息子二人ですが、家族同士集まると毎回のように、ワインで脳を活性化し、理想の車について熱く語り出すアホ親父に対し、呆れたのか心からそう思ったのかは、定かでは有りませんが、二人合わせて、300万円出すと言い出しました。

還暦祝いの「赤いちゃんちゃんこ」ならぬ、「赤い86」を買ってやるとですよ。

カスタマイズは必須

300万円ではノーマル状態ですよね。カスタマイズに追加で200万円必要です。その資金は自分持ち?直ぐに飽きるのは必至ですね。

こつこつと仕上げて行くのも好いでしょうが、残された人生(健常でいられる)は、残り少ないのに、その様な時間が果たして取れるでしょうか、疑問ですよね。

それに、最初の半年か一年は慣れるまで緊張して操蛇するので、事故率は極めて少ないが、慣れてくると、トルクが細いの、足回りが柔いのと言いだし段々と強化していくわけです。

一般市街地の道路に飽き峠

そして、少しずつ慣れだし、一般市街地走行に飽きてくるわけです。

そうすると、仕上がりを見たくなり、体力が(特に動体視力)若い頃と全く違うことを認識しないで、限界走行を峠にて挑戦したくなります。

結果は見えていますね、ガードレールにヒットして突き破り、その日でおわりとなる分けです。

いたって老い先が短いのに、自分で縮めることは有りませんよね。しかし「あがり車」の、FRスポーツ86に乗り終焉を迎えるのも、我が人生の誉れかと思います。

「あがり車」とは

因みに「あがり車」とは、回転しないお寿司屋で最後に出てくる「あがり」最後に飲むお茶ですね。

その「あがり」に因んで車マニアの中でよく言われる人生の集大成・最後の車を「あがり車」と呼んでいます。

FR車とは

FR車とは、Fはフロントエンジン、Rはリヤ駆動(ドライブ)ですね。

さぁ、命日を自分で決めるのでしょうか、それとも寿命が来て天寿を全う、出来るのでしょうか。

あとがき

保険金が、みんなで分け合えるので、誰も損はしません、一番浮かれた僕が本当は損をするような気がしてなりません。

まぁ、決定した分けでは有りませんが、寿命を縮めるのは、いかがなものかと思い始めています。

年を考えろですよね。

年を考えると、上記の如くFRスポーツカーはリスキーなので、2輪車にしようか、2輪車は転倒するので3輪車を買って貰おうかなとも思い始めました。

半分冗談としても、一時喜ばせてくれる、息子達とその嫁達に感謝ですね、ここに来て残り少ない人生、一番楽しい時期なのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - car