稲積稲荷神社「栃木県芳賀町上延生」

   

栃木県芳賀郡芳賀町上延生の、稲積稲荷神社の紹介です。

稲積稲荷神社

芳賀町中心市街地の北部にあり、道の駅はが交差点を西進、約800メートル上延生交差点を北進、約1キロメートルの旧上延生ヘルスセンターの北側に鎮座します。

案内地図

由緒

西暦1165年(永万1年)下野の豪族須藤宗資が那須武者所に任ぜられた際、甲斐国より稲積神社を勧請して、下境の稲積城に祀り。那須資之が福原城に勧請、領内の安全を祈願しました。

平安時代下野の若武者那須与一が屋島の戦で名をあげた稲積明神が白狐と化して守護すると伝わります。

主祭神は、倉稲魂命

鳥居

芳賀町上延生稲積稲荷神社鳥居

草が生い茂り、歩くのも困難な状態でした。

拝殿

芳賀町上延生稲積稲荷神社拝殿

 

芳賀町上延生稲積稲荷神社拝殿

芳賀町上延生稲積稲荷神社データ

所在地栃木県芳賀郡芳賀町上延生1031
称号稲積稲荷神社
駐車場なし(閉館中の上延生ヘルスセンターに停めました)

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - 歴史探訪 ,