満願寺(まんがんじ)「栃木県野木町」

   

栃木県下都賀郡野木町野木の、真言宗豊山派の満願寺の紹介です。

満願寺

下都賀郡野木町は、栃木県の南部にあり、渡良瀬遊水池にも接し自然と調和のとれた町です。

野木神社は、国道4号沿いにあり、住宅地と商業地に立地しています。

野木神社の別当寺として、西暦1616年に建立されました。宿内に寺院がなく、供養等に不自由だったためだそうです。別当寺とは、専ら神仏習合が行われていた江戸時代以前に、神社を管理するために置かれた寺のことです。神前読経など神社の祭祀を仏式で行い、その主催者を別当(社僧の長のこと)と呼んだことから、別当の居る寺を別当寺と称したそうです。神宮寺(じんぐうじ)、神護寺(じんごじ)、宮寺(ぐうじ、みやでら)などとも言います。

関連記事 野木神社(のぎじんじゃ)「栃木県野木町」

野木町満願寺石碑

野木町満願寺石碑

本堂

野木町満願寺本堂

野木町満願寺本堂

御影堂

野木町満願寺御影堂

野木町満願寺御影堂

満願寺データ

所在地栃木県下都賀郡野木町野木2029
電話0280-55-0502
称号満願寺
宗派真言宗豊山派
駐車場あり
トイレあり

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - 歴史探訪 ,