冬の風物詩の芝焼き「栃木県益子町」

   

この冬一番の寒波が、日本列島を襲っていますね。昨日に続く毎年恒例の冬の風物詩の河川敷や田園の芝焼きが本日(1月15日)行われました。

芝焼きの主目的

害虫駆除を主目的にして、不要な枯れ草を焼却して新たな息吹を興す、冬ならではのこの地方に続く伝統を紹介致します。

冬の風物詩芝焼き1

冬の風物詩芝焼き1

冬の風物詩芝焼き1

冬の風物詩芝焼き1

消防団が待機

消防団が、消防車を待機して、大きく燃え上がるのを防止しながら、そして見守りながら、執り行われます。

毎年、ぼや騒ぎが起こりますが、今年は大きな騒ぎにはならないで、無事に済んだようです。

午後には西風が毎年強くなるので、午前中限定で行い午後は、点火禁止です。

一斉に土地の持ち主や付近の土地の所有者が、点火するのでそれは圧巻です。実施に見ると大迫力です。

スポンサーリンク

 - 地域探訪