スポンサーリンク

car

スタッドレスタイヤ装着

投稿日:2020年1月25日 更新日:

北関東平野部の当地は、今シーズン未だに積雪がありません。暖冬傾向で初積雪が遅れているようですが、むしろ暖冬の年こそ春先に積雪が関東平野では多くなります。来週には積雪の予報も出ていることですので、冬タイヤはこれから必要に成りそうですね。

スタッドレスタイヤ

ハイエース用のスタッドレスタイヤでは無く軽自動車のタント用に購入しました。

以前には、ハイエース用のスタッドレスタイヤを保有していましたが、知人に貸してそのままになりました。かなりすり減っていたので返却しなくても良いと差し上げました。そして、いざとなったときに必要に成るスタッドレスタイヤを購入するにあたり、ハイエース用のスタッドレスタイヤにするか、タント用のスタッドレスタイヤにするか、ですが、購入金額を考えると軽自動車用が遙かに安いため、迷わずタント用にしました。

シーズン中の購入

毎年この季節になると、品不足でメーカーやグレードを選ぶ余地が無くなり、在庫があればましで、割高購入になってしまいますね。しかし、メーカーやグレードは深く考えないで選びましたが、今回は全く売れてないのか、在庫が豊富なようで価格面で得した気分になりました。

量販店やネット通販では無く、何時もお世話になっている自動車整備工場にて購入しました。

以前に友人と市販のアルミホイールとタント用の純正アルミホイールをタイヤごと交換してあげたことがあり、保管していたものを持ち組み替えて貰いました。

今回購入した、軽自動車のタント用のスタッドレスタイヤは、グッドイヤー ICENAV7 155/65R14 75Q MADE IN JAPAN タント夏タイヤの標準サイズと同じですね。

グッドイヤー ICENAV7 155/65R14 75Qスタッドレスタイヤ

購入価格

価格は、新品スタッドレスタイヤ、組み替えバランス工賃、古タイヤ処分費、車両の夏タイヤからスタッドレスタイヤに入れ替え工賃(入れ替えは通常無料サービスですよね)これらの込み込み価格で、1本あたり6000円4本で24000円と格安で購入できました。アジアンタイヤ並の価格ですかね。

グッドイヤー ICENAV7 155/65R14 75Qスタッドレスタ2

通販では組み替えがネック

アルミホールとタイヤのセット品であれば、ネット通販で購入すれば安く済みますが、ホイールが手持ちである場合は、タイヤだけネット通販で購入して組み替えをタイヤチェンジャーを有する業者に依頼することになり、組み替えバランス工賃が通常の価格よりも遙かに高く請求されるため、メリットが少ない事になります。タイヤ持ち込みで組み替え作業を受けてくれない業者がむしろ多いのが現状ですので、ネット通販で購入して組み替える場合は、引き受けてくれる業者を予め探しておく必要がありますね。

因みに近隣の持ち込み受け入れ可能な業者の参考価格は、17インチアルミホールでその業者からタイヤを購入する場合で組み替え工賃1000円/1本ですが持ち込みの場合は3500円/1本でした。

あとがき

積雪のあるときは、乗らないのが一番安全ですが、それでも乗らなくてはならない場合が生じる可能性が有ります。備えあれば憂い無しです。早めの装着をお勧めします。

スポンサーリンク

Feedly

follow

-car
-

Copyright© ハイエース手作りキャンピングカーで日本一周 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.