天保の改革水野忠邦の墓「結城市」水野家累代の墓所

   

茨城県結城市山川にある、水野家累代の墓所、天保の改革を行った老中首座の、水野忠邦の墓を紹介します。

水野家累代の墓所

茨城県結城市山川の、田園地帯の少々高い丘の上にあり、案内板は途中にありますが、すれ違いが困難な道路は、基盤整備の遅れで、複雑になりたどり着くのに苦労しました。

県道23号、山川不動尊大栄寺方面から来る場合は、山川不動尊西入り口の道路を北進して、小さい白山神社があり、その角を西進します。
約50メートルに案内板があり、直進します、道なりに進み、T字路に突き当たったら、西進(右折)すると約100メートルに墓所入り口の案内板が有ります。

帰り道は、東茂呂方面(北東)のほうが、すれ違い可能です。入り口が複雑ですので、説明が難しいため、帰り道にお勧めです。

広い駐車場(砂利敷き)と水洗トイレが完備されています。尚、桜の開花時期には、多くの花見客が訪れるそうです。

案内地図

概要

かつて、山川水野家菩提寺として「万松寺」がこの地に創建されました。
しかし西暦1855年(安政2年)火災により消失廃寺となり、現在は水野家累代の墓が残されています。

水野家の初代忠元が、大阪夏の陣、西暦1615年(元和1年)の武功により、3万石を与えられて初めて大名にとりたてられたゆかりの土地です。
20年後、駿河へ国替えとなった後も、11代忠邦までの水野家歴代当主の墓が山川の万松寺(焼失後も)に造られました。

水野忠邦(西暦1794年~1851年)は、西暦1841年(天保12年)に、11代将軍徳川家斉の死後、老中首座となり、江戸時代の三大改革のひとつ「天保の改革」を行いました。
改革は株仲間の解散や上知令など幕府の強化を目指すものであり、あまりにも厳しすぎたため、諸大名や民衆の反発を招き、わずか2年余で頓挫してしまい、忠邦は失脚しました。

水野忠邦は、唐津藩(佐賀県)・浜松藩(静岡県)の藩主を務め、山川と直接関係はありませんが、藩士の熱い思いにより、累代の墓に忠邦の墓も造られました。

案内板

水野家累代の墓所案内板

 

初代 水野忠元(みずのただもと)

西暦1576年(天正4年)~西暦1620年(元和6年)

初代 水野忠元(みずのただもと)

2代 水野忠善(みずのただよし)

西暦1612年(慶長17年)~西暦1676年( 延宝4年)

2代 水野忠善(みずのただよし)

3代 水野 忠春(みずの ただはる)

西暦1641年(寛永18年)~西暦1692年(元禄5年)

3代 水野 忠春(みずの ただはる)

4代 水野 忠盈(みずの ただみつ)

西暦1663年(寛文2年)~西暦1699年(元禄12年)

4代 水野 忠盈(みずの ただみつ)

5代 水野 忠之(みずの ただゆき)

西暦1669年(寛文9年)~西暦1731年(享保16年)

5代 水野 忠之(みずの ただゆき)

6代 水野忠輝(みずのただてる)

西暦1691年(元禄4年)~西暦1737年(元文2年)

6代 水野忠輝(みずのただてる)

7代 水野忠辰(みずのただとき)

西暦1724年(享保9年)~西暦1752年(宝暦2年)

7代 水野忠辰(みずのただとき)

8代 水野忠任(みずのただとう)

西暦1734年(享保19年)~西暦1812年( 文化8年)


8代 水野忠任(みずのただとう)

9代 水野 忠鼎(みずの ただかね)

西暦1744年(延享1年)~西暦1818年(文政1年)

9代 水野 忠鼎(みずの ただかね)

10代 水野 忠光(みずの ただあきら / ただあき)

西暦1771年(明和8年)~西暦1814年(文化11年)

10代 水野 忠光(みずの ただあきら / ただあき)

11代 水野忠邦(みずのただくに)

西暦1794年(寛政6年)~西暦1851年( 嘉永4年)

11代 水野忠邦(みずのただくに)

水野家累代の墓所データ

所在地茨城県結城市山川新宿1653−1
名称水野忠邦の墓(水野家累代の墓所
電話0296-32-9997 結城市教育委員会
駐車場あり
トイレあり

関連記事

藤田能登守信吉公墓所と実相寺「栃木市西方町」

森田城跡(芳朝寺)「栃木県那須烏山市」

粟野城跡(あわのじょう)「栃木県鹿沼市」

鹿沼城主壬生義雄の墓(雄山寺)「栃木県鹿沼市」

尾羽館(綱神社・大倉神社)「栃木県益子町」

二宮金次郎墓城と蓮城院「栃木県真岡市」

 

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - 歴史探訪 ,